忍者ブログ
[1014] [1011] [1010] [1009] [1008] [1007] [1006] [1005] [1004] [1003] [1002]

DATE : 2019/05/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2013/03/07 (Thu)
一つは写真の中国映画「幸せの絆」。●2003年中国映画興行収入第7位を記録した「大催涙弾映画」だそうです。
http://www.amazon.co.jp/%E5%B9%B8%E3%81%9B%E3%81%AE%E7%B5%86-%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%82%A7%E3%83%B3/dp/B0083EV09A/ref=sr_1_1?s=dvd&ie=UTF8&qid=1362642874&sr=1-1

もう一つは韓国映画の「ビー・デビル」。●今年(多分2010年)、邦画NO.1は「冷たい熱帯魚」、洋画は「ビー・デビル」だ!!―塩田時敏(映画評論家)だそうです。「冷たい熱帯魚」と肩を並べているあたり内容は押して知るべしですが…。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%AB-DVD-%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%82%B9/dp/B005EMZ8ME/ref=sr_1_1?s=dvd&ie=UTF8&qid=1362642764&sr=1-1

どちらもある種の家族の愛憎を描いたものですが、結末は真逆です。



「幸せの絆」は神保町のコーヒー専門店の名店「珈琲舎蔵」http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13011597/のマスターが、「初めの20分くらいの所で心をわしづかみにされますよ!」と自信満々に貸してくれたのです。
それで楽しみにして、どこでわしづかみにされるかじっと観ていたのですが、感性が鈍磨している僕は、残念ながらどのシーンか分からないうちに映画は終わってしまいました…。

逆に、意地悪な継母が、主人公の娘が大切にしているおばあちゃんの形見の風車をわざと踏み潰したり、娘を他所の家に引き取ってもらうために、継母が娘を騙して自転車に乗せて連れて行ったりするシーンがわざとらしくてついつい笑ってしまいました~♪

心がダークな僕はドラキュラの太陽と同じでこういう映画は苦手なのかもしれません…。
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新TB
(01/21)
(11/30)
(09/24)
プロフィール
HN:
ちょい不良マネージャー
HP:
性別:
男性
自己紹介:
PHOENIXマネージャー
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新TB
(01/21)
(11/30)
(09/24)
プロフィール
HN:
ちょい不良マネージャー
HP:
性別:
男性
自己紹介:
PHOENIXマネージャー
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析